4582 シンバイオ製薬(株)の株価が急騰!!なぜ?

東証JASDAQ(グロース)において、前日終値190円の『4582 シンバイオ製薬(株)』の株価が急騰し、高値240円、終値224円(+17.89%)で取引を終えました。

理由を探ってみたところ、同社の主力品であるトレアキシン®と、第二の開発品であるリゴセルチブのパイプライン価値を合計約518億円へ上方修正したことが大きな要因のようです。

元々シンバイオの企業方針として、一般の製薬会社のように自社で創薬研究を行うのではなく、世界中の創薬企業と連携することで日本国内へ新薬を導入し開発を行ってきました。

今後、トレアキシン®は自社での販売体制を整えていくことになりますが、液剤への切り替えによる利益率の上昇、予定していた液剤への切り替え時期の前倒し、などにより約404億円に上方修正しています。

また、リゴセルチブについても、経口剤の第Ⅱ相臨床試験で良好な結果が出たことを受け約 187 億円へ上方修正しています。

この2つのパイプライン価値の上方修正を好感し、株価が急騰したものと思われます。

今後の値動きに期待です!!