武漢で挙式直前の29歳医師が新型コロナで死亡。名前や婚約者は?

日々感染拡大を続ける新型コロナウィルス。

日本での死者も発生し、間近に控えた東京オリンピックの開催も危ぶまれる状況になってきています。

そんな状況の中、新型コロナウィルスの中心地である武漢から悲しいニュースが入ってきました。

最前線で新型コロナと闘っていた29歳の男性医師が29歳という若さでこの世を去りました。

名前はDr. Peng Yin Hua(彭银华)

勤務地は不明ですが、武漢内の病院の呼吸器内科で重症患者(ICU)の診療に当たっていました。

この医師は1月25日に感染が確認され、1月30日に症状が重篤化したためJinYinTan Hospital (金銀潭医院) へ入院し治療を続きていました。

そして2月20日21時50分に治療の甲斐なくこの世を去りました。
闘病中の様子がSNSでアップされています。

そしてこの医師は2月に挙式を予定していたそうです。

式自体は新型コロナの発症のため延期を決めていたようですが、残された人々の悲しみは図り知れません。

彼の勤務机には、友人たちへ向けた結婚式の招待状が残されてました。

また、現地メディアによると、彼の婚約者は妊娠しているそうです。

残されたフィアンセやこれから生まれてくる子供の事を考えると、胸が張り裂けそうな思いがします。

ただ、彼の遺志として、彼の血液を血清輸血の研究へ役立てて欲しいとフィアンセへ伝えていたそうです。

医師として、夫として、父として、最後まで新型コロナと闘い抜いたDr. Peng Yin Hua。

彼の尽力が新型コロナ対策への活かされ、人々が一刻も早く安心した生活を送れるようになることを願って止みません。

(他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。お時間があればご一読ください。)

新型コロナに緑茶が効果?理由やソースが明らかに

新型コロナ、希望者全員へ検査を行うと医療崩壊につながることが明らかに!イタリアに学ぶべきこと

新型コロナウィルス対策!紫外線(UV)消毒は有効?太陽光は?

新型コロナ対策!ウェットティッシュは有効か?

新型コロナウィルスは湿度に弱い?梅雨には収束?

新型コロナウィルス、公衆トイレで感染の危険 / 糞口感染の脅威!

新型コロナで臨時休校。うつりやすい場所は?外出には要注意!

新型コロナ、PCR検査の自己負担は?それよりも検査体制の見直しを。。。

新型コロナ、ペットの感染を防ぐための対策は?犬以外の動物への感染もあるのか