新型コロナ対策で紫外線(UV)消毒は有効?太陽光でも効果あり

週が明け、一部の地域を除き全国的に全校休校が始まりました。

週末のニュースを見ている限りは、社会全体が自粛ムードとなっており、率先して外出している人の割合は少なそうです。

ここ数日で『巣ごもり』というキーワードを頻繁に目にするようになりましたし、外出を控えるために備蓄を準備する方が増えている、というニュースも見かけました。(デマの影響もありますが。。。)

本当に、このまま落ち着いて収束方向に向かってくれ、と願わずにはいられませんが、こればかりは現時点では何とも言えません。

このような状況ですから、今後も不要不急の外出は控える傾向が続くのではないでしょうか。

しかし、そんな状況の中、引き続き問題となっているのが『アルコール消毒液の品薄』です。

いわば最後の砦である自宅へのウィルスの侵入を防ぐために必要不可欠なアイテムですが、店頭では入荷と同時に即完売、ネット上では高額転売されている有様です。

背に腹は代えられないと、高額でも購入してしまう人もいますが、個人的にはあまり気が進みません。

そんな経緯から新型コロナウィルス対策として『アルコール消毒液』に代わる方法を考えてみました。

新型コロナウィルスの構造について

まず、新型コロナウィルスの『消毒』を考えるにあたって、なぜアルコールでウィルスが消毒できるのかをみていきましょう。

ウィルスには、エンベロープ(封筒)と呼ばれる膜を持つもの(エンベロープウィルス)と、持たないもの(ノンエンベロープウィルス)の2種類があります。

このエンベロープウィルスには、代表的なものとしてインフルエンザウィルスやエイズウィルスが挙げられますが、『新型コロナウィルス』もエンベロープウィルスに属します。

そして、エンベロープウィルスの特徴として、アルコール消毒によって感染力を失う(不活化)ことが分かってるのです。
(アルコール成分がエンベロープを破壊し、ウェルスの持つ感染力を失わせる。)

以上から、新型コロナウィルスにもアルコール消毒は有効だとされており、実証実験でも確認されています。

また、同じような理由で『次亜塩素酸ナトリウム』も有効だとされています。

(詳細は国立感染症研究所のホームページ「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」をご覧ください。)

以上から、アルコール消毒が新型コロナウィルスに対して有効であるということが分かりました。

では、他にウィルスを不活性化する方法はないのでしょうか?

今回の記事のタイトルからお分かりかと思いますが、それが『紫外線(UV)消毒』なのです。

紫外線(UV)消毒は有効か?

先ほど、新型コロナウィルスは『エンベロープウィルス』であるとお伝えしましたが、ウィルス学の観点からもう少し正確に分類すると『プラス鎖一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルス』となります。

簡単に言うと、「新型コロナウィルスは『RNAウィルス』と「エンベロープウィルス」のそれぞれの特徴を有したウィルス」ということが言えます。

(詳しくは日本ウィルス学会のホームページをご覧ください。)

これだけでは「だから何?」となりそうですが、実はこの『RNAウィルス』には紫外線にとても弱い、という特徴があるのです。

このお陰で光がある空気中でウィルスは長い時間とどまっていることが出来ません。

これまでの研究でRNAウィルスが不活性化する条件として以下のことが分かっています。

・ 皮膚の表面等の”不活性化しやすい”環境(※) : 5分未満
・ “不活性化しにくい”環境(※) : 約15分間
・ 最適環境下(実験環境) : 最長で1~2日間

※ 『RNase』が存在すれば不活性化しやすく、存在しなければ不活性化しにくい環境になります。
『RNase』はあらゆる生物に存在する酵素で、免疫システムの一つです。

光のある空気中ではおよそ15分間感染力を維持することが分かっていますが、この時間は紫外線の量が多ければ短くなり、少なければ長くなります。

現時点で新型コロナウィルスに対しての実証実験の研究結果は得られていませんが、旧型コロナウィルスに対しては以下の論文でその有効性が実証されています。

コロナウイルスおよびパルボウイルスに対する物理・化学的処置の殺ウイルス効果の検討
(Virucidal Efficacy of Physico-chemical Treatments Against Coronaviruses and Parvoviruses of Laboratory Animals)

この研究では、15分程度の紫外線照射でウィルスの不活性化が認められたということです。

そしてこの結果は、新型コロナウィルスに対しても有効である可能性が高いものと思われます。

紫外線(UV)消毒の具体的な方法は?

では紫外線(UV)消毒とは具体的にどのように行っていけばいいのでしょうか?

まず、紫外線と聞いて真っ先に思いつくのは太陽光かと思います。

実は太陽光には強い殺菌力を持っていることは古くから知られていました。

この殺菌力を発揮しているのが、太陽光含まれる紫外線なのです。

身近なところで言うと布団の天日干しなどが挙げられます。

・FCG総合研究所「天日干しの殺菌効果

一方で、紫外線を利用した殺菌(消毒)のためのグッズとして、『殺菌灯』というものがあります。

基本的に紫外線はウィルスに対しての消毒効果を持ちますが、紫外線の中でも色々と種類があります。

これまでの研究で光の波長で言うと『260nm付近』のものが最も殺菌・消毒効果が強いということが分かっています。

これは、太陽光に含まれる紫外線(350nm付近)の約1600倍に達するということです。

そのため、現在市販されている殺菌灯からは253.7nmの波長の紫外線が出るように設計されているのです。

この『殺菌灯』は様々な形態で販売されており、赤ちゃんのおもちゃ用や食器用、おしぼり用にスチーム機能が付いたものもあります。

興味があればウェブで検索してみてください。

どう生活の中に取り入れていくか

ここまでの記事で新型コロナウィルスに対する紫外線消毒の有効性について説明してきましたが、実際どのように日常生活に取り入れていくかが問題だと思います。

消毒方法としてかなり実用的なことは分かったのですが、実際、自分の生活を振り返ったとき、どんなものに使えるか考えてみると、案外使える用途が少ないんですね。。。

新型コロナウィルスは経口感染が指摘されていますので、小物用の殺菌灯などは主に口に入る可能性のあるもの(食器類、子供のおもちゃなど)については使用できるかと思います。

ただ、よくよく考えれば、それくらいなら「洗えば済む」んじゃないかということに気づいてしまいました。。。

また、強い紫外線を使用するため、手など素肌には使用できないんですね。

強いて挙げるとすれば、マスクの消毒でしょうか。マスクが入手しにくい状況ですので、使い捨てマスクを消毒して出来るだけ長く使えるようにする、というのは手かもしれません。

また、調べていて思ったことが、冒頭でも触れた『巣ごもり』現象についてです。

人との接触を出来るだけ避けるために自宅から出ない、という選択ですが、個人的にはこれはあまり好ましくありません。

家の中にずっと籠っていては、逆に体が鈍っていって免疫が下がっていくように思いますし、気分も上がりません。そして何より飽きます。。。

今回、紫外線について調べたことで、太陽光にもウィルスの消毒作用があることが分かりました。

つまり、日中、太陽の光を浴びて外で遊ぶことは比較的安全だと考えられます。

(もちろん、屋外でも人が大勢いるようなテーマパークなどは別です。)

運動をすることは、免疫力の向上や気分のリフレッシュに繋がりますので、休日の過ごし方として一つの選択肢に加えられるのではないでしょうか。

(他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。お時間があればご一読ください。)

新型コロナによる首都封鎖(ロックダウン)の影響は?「自粛疲れ」や「コロナ慣れ」に見える危機感の薄れ

新型コロナ再感染の確率は低い?重症化を防ぐためにできること

新型コロナウィルスを蒸気で消毒!スチームクリーナーは効果あり?

新型コロナに緑茶が効果?理由やソースが明らかに

新型コロナ、希望者全員へ検査を行うと医療崩壊につながることが明らかに!イタリアに学ぶべきこと

新型コロナウィルス対策!紫外線(UV)消毒は有効?太陽光は?

新型コロナ対策!ウェットティッシュは有効か?

新型コロナウィルスは湿度に弱い?梅雨には収束?

新型コロナウィルス、公衆トイレで感染の危険 / 糞口感染の脅威!

新型コロナで臨時休校。うつりやすい場所は?外出には要注意!

新型コロナ、PCR検査の自己負担は?それよりも検査体制の見直しを。。。

新型コロナ、ペットの感染を防ぐための対策は?犬以外の動物への感染もあるのか